生命保険を知る
プライバシーの問題、個人情報保護法は営業に影響しましたか?
 
法人単位で社員全員に保険をかけると、社員旅行などで万が一の事があると、大損害があるのでは?
 
大手のしがらみと持ち株と破綻
 
昔の生保レディの販売方法
 
早く解約されてしまうと罰金
 
全期型ではなく更新型保険を薦める理由は?
 
悪い営業マンっていますか?
 


会社案内

プライム・ストラテジー株式会社



 Q&A
全期型ではなく更新型保険を薦める理由は?

   

生命保険には主に更新方法によって2つにわけられます。
それは更新型か?否か?です。
新型というのは今は主として10年単位をとらえていますから、どうしても更新型定期に入った方は10年ごとに保険料が上がっていきます。20歳で入った方が30歳になれば、30歳で入る計算になりますからね。40歳にはまた上がる、50歳ではまた上がるということで、まあ40歳以降の上がり方は正直言って半端じゃなく上がっちゃうんですよ。まあ死亡の確率から考えたら仕方のないことなんですけどね。

その一方で、保険料が上がらない「全期型」という商品があります。これは一生涯保険料が上がらないという商品なのですが、若い内に入るととても割高の商品になります。
年を取ってからの保障をここ(若い内)で負担しているわけですから、仕方ないことなんですけどね。まぁ私はこちらの「全期型」の方が好きなんですよね。そのため、更新型保険もお客様にあんまりお勧めしてきませんでした。

しかし、「全期型」の場合は営業マンとしてはつらいんですよね。
更新型の場合だと、更新の度に保険の見直しが薦めやすいんですよ。
10年更新型だと、22歳で契約した場合32歳になるので、比較的家庭を持たれている方が多いんですよ。すると「家族の為に保険の見直しをしませんか?」ってすんなりお薦め出来るじゃないですか?

一方、全期型の場合ですと更新が無いので見直しを薦める事が出来ないのです。
お客様からすれば古くて予定利率の高い商品をそのまま継続出来てよいと思うのですが、営業マンからすればちょっとつらいですよね。

>>全期型と終身保険はちがうの?はこちら





関連ページ

   
 
全期型と終身保険はちがうの?
   
良い営業マンの条件?
   
昔の生保レディの販売方法
   
悪い営業マンっていますか?
   




   
(C) COPYRIGHTS 2005〜2017 0才からの生命保険. ALL RIGHTS RESERVED.
Powered by CMSホームページ制作Web