生命保険を知る
プライバシーの問題、個人情報保護法は営業に影響しましたか?
 
法人単位で社員全員に保険をかけると、社員旅行などで万が一の事があると、大損害があるのでは?
 
大手のしがらみと持ち株と破綻
 
昔の生保レディの販売方法
 
早く解約されてしまうと罰金
 
全期型ではなく更新型保険を薦める理由は?
 
悪い営業マンっていますか?
 


会社案内

プライム・ストラテジー株式会社



 Q&A
大手のしがらみと持ち株と破綻
   
昔(今もそうですが)、保険会社はグループでやってきました。
東京生命と大和銀行と野村證券といった野村財閥。
東京生命はこの野村財閥の一つとして一緒にやってきた訳なんですよ。

例えば東京生命のお客様はこのグループ企業の中に多くいらっしゃいます。野村證券の社員様や、大和銀行の社員の方といった具合にです。また大和銀行の関係する法人様もお客様とさせて頂きました。銀行は法人には強いですからね。そこで会社契約だとか、会社に入らせて頂いて個人個人の社員さんと契約を行わせて頂いておりました。
けれども東京生命の破綻したと同時に、今まで持ち株で持っていた株を管財人が全部処分してしまった訳なんですよ。これは大変恨みを買いました。
だってこれらの株が市場に出てしまったら大変じゃないですか、市場に何万という株の売りが出るわけですから、
そこで各会社の役員達はあわてて、その株を市場に出す前に抑えようしたわけですが、そんなにお金もないわけですよ。そこで色々な会社に協力して貰ってお金を集めて、その株を抑えたんですね。
東京生命にはそういった苦労をさせてしまった会社さんがたくさんあるわけなんですよ。
売られる会社からすれば、味方だと思っていた会社がいきなり敵になるのです。
そのため出入り禁止にされてしまった会社さんも多数あります。

持ち株の場合はこういった場合大変ですよね。




関連ページ

   
 
   
 
   




   
(C) COPYRIGHTS 2005〜2017 0才からの生命保険. ALL RIGHTS RESERVED.
Powered by CMSホームページ制作Web