雑学を知るトップ
保険雑学TOPへ戻る
保険と税金編
保険に関する税金について紹介。

保険と老後編
老後に備えて今から入る保険についてご紹介。

保険と女性編
女性の為の保険について紹介

保険と子ども編
子どものための保険について紹介。

保険トラブル編
保険トラブルについてご紹介。
 
 
会社案内

プライム・ストラテジー株式会社



保険と税金について

用語解説生命保険と税金死亡保険金と税金入院給付金と税金配当金と税金まとめ

保険と税金について
   
 

保険に対する税金をご紹介する前に・・・・
受取人、被保険者とは誰の事なのでしょうか?

保険金を支払っている人は?保険を受け取る人は?などご確認させて頂きます。

保険における「契約者」とは、保険会社と契約を結んで、契約上のいろいろな権利(契約内容の変更を請求する権利など)のと義務(保険料を支払う義務など)を持つ人の事になります。

おなじみの「被保険者」は保険金支払いの対象になっている方を指します。被保険者が所定の状態になった場合に保険金が支払われます。

「受取人」は保険金、給付金などを受け取る人の事を指します。死亡保険などで、保険金が支払われる事になった場合、受取人が手続きを行うことになりますので、自分が受取人であることを十分ご確認頂ければと思います。

また、保険料、保険金、給付金につきましても、ご説明させて頂きます。

「保険料」は、契約者が保険会社に払い込むお金の事です。
「保険金」は、保険会社から受取人に支払われるお金の事です。
「給付金」は、被保険者が入院したり、手術した時に保険会社から受け取り人に支払われるお金の事を指します。

保険金に対する税金を考える上では、この被保険者、契約者、受取人が重要になってきます。



 

生命保険と税金 →

 



   
(C) COPYRIGHTS 2005〜2017 0才からの生命保険. ALL RIGHTS RESERVED.
Powered by CMSホームページ制作Web