今までの保険の形は?
 
国内企業と外資系企業の違いは?
 
会社別販売方法
 
相互会社って何?
 
全期型保険は終身保険とはちがうの?
 


会社案内

プライム・ストラテジー株式会社



 Q&A
国内企業と外資系企業の違いは?
   
国内企業といえば大型パッケージ商品が主流ということです。
一つの保険だけで、医療から死亡保険まで面倒を見るという商品が多く、定期特約付終身保険がその代表例でしょう・・・。
また外資系に比べ貯蓄性の高い商品を多く扱っているようです。
「生保レディが営業を行っている」ということも国内企業の特徴と言えますね。

一方外資系企業は貯蓄性のある商品はあまり扱っていないですね。
またパッケージで販売するのではなく、それぞれ単体で販売しているように感じます。
中でも外資系企業は医療保険に強いですね。
お得かどうかは分かりませんが、貯蓄性がなく単体で販売するため、国内系より大変安く見えるんですよね。これは悔しいですよね。
外資系企業は営業マンはあまり使わず、テレビコマーシャルをはじめとした広告で販売しているところが多いのが特徴ですね。

ただし最近では、国内企業の中にも広告戦略をうったり、貯蓄性のない保険を単体で販売したりで、それぞれ外資系対策を打っているようですよ。

因みにソニーさんは一時期プルデンシャルと一緒だった時は、法人契約が主だったようですよ。会社へ飛び込んで、「役員さんの為の役員慰労金・役員退職金などを会社として積み立てませんか?」という貯蓄性の商品を売っていました。
このあたりは国内系のやり方ですよね。
しかし、利回りもよく貯蓄も出来る。まさに、国内系のノウハウと外資系のノウハウをうまく融合させた企業ですよね。
現在はプルデンシャルと離れてしまっていますが、依然としてソニーさんは法人向けの人対人の営業をやっていますね。



関連ページ

   
  会社別販売方法
   
 
   




   
(C) COPYRIGHTS 2005〜2017 0才からの生命保険. ALL RIGHTS RESERVED.
Powered by CMSホームページ制作Web